飛行機だけじゃない!羽田空港おすすめスポット5選

羽田空港

みなさんは、「羽田空港」をどのように利用していますか?飛行機に乗るために使うことはあっても、空港自体を目的として訪問することは少ないのではないでしょうか。しかし羽田空港には、さまざまなおすすめスポットがあるんです。今回はそんな羽田空港のおすすめスポットを解説していきます。この記事を読めば、きっと空港に行きたくなること間違いなしです!

楽しい旅行の始まりは空港から。羽田空港おすすめスポット4選

さっそくおすすめスポットのご紹介!といきたいところですが、羽田空港は第1ターミナルから第3ターミナルまで3つのエリアに分かれており、それぞれの違いが分からないという方もいるでしょう。まずはその点について簡単に解説しておきます。

羽田第2ターミナル

空港が3つに分かれている理由は、発着エアラインにあります。第1ターミナルは「JAL系」の航空会社が発着するのに対し、第2ターミナルは「ANA系」の航空会社が発着します。ちなみに両ターミナル間は地下通路、京急線ホーム方面・改札横の連絡通路で繋がっていて、5分ほどで行き来できるので、もし場所を間違えても大丈夫です。

羽田第3ターミナル

一方、第3ターミナルは国際線の便が発着します。第1・2ターミナルとは少し距離が離れているので注意しましょう。

「We are Tokyo」でSNS映え写真を撮ろう

それぞれのターミナルの違いが分かったところで、各ターミナルのおすすめスポットを紹介していきます。まずはこのオブジェから。

羽田空港

日本の首都であり、世界から注目される玄関口「東京」。その東京で唯一の国際空港が「羽田第3ターミナル」です。そんな第3ターミナルには、この「We are Tokyo」が置かれています。国際線スタッフたちの誇りを象徴するメッセージとして生まれたこのオブジェは、今やSNS映えスポットとしても人気。多くの人がここで写真を撮り合っています。

羽田空港

オブジェの側には「We are Tokyo」を背景としたフォトスポットもあります。羽田空港を出発するとき、羽田空港に到着したときにぜひ記念撮影をしてみてはいかがでしょうか?

都内有数の絶景スポット「羽田空港国際線ターミナル 展望デッキ」

羽田空港

羽田空港の各ターミナルには滑走路を見渡せる展望デッキがあります。ここでは飛行機の離発着を眺められるほか、夕方には真っ赤に染まる街並みと飛行機を、夜にはビルと飛行機のライトが輝く夜景を一望できます。夜間はデートスポットとしても人気が高いんですよ。各展望デッキごとに開場時間が異なるので、事前に確認してから足を運んでくださいね。

【第1ターミナル・展望デッキ】

羽田第1ターミナル

第1ターミナルからは天気が良い日には富士山を見ることができます。また一部は屋根がついているので、雨の日でも安心です。

開場時間
6Fコンベンションホール・展望デッキ 6:30~22:00
屋上展望デッキ 6:30~22:00

【第2ターミナル・展望デッキ】 

羽田第2ターミナル

第2ターミナルからは東京湾やスカイツリーを見ることができます。また、夜間の第2ターミナル南側展望デッキは「星屑のステージ」と呼ばれていて、幻想的なライトアップが楽しめます。レストランもあるため、夜景を眺めながら食事をするのもおすすめです。

開場時間
展望デッキ(5F) 6:30~22:00
屋内展望フロア「FLIGHT DECK TOKYO」 6:30~22:00

【第3ターミナル・展望デッキ】

羽田空港3

第3ターミナルは、国際線がメインのターミナルなので、海外のエアラインを観賞することができます。また、24時間空いているので、遅い時間や朝早くからでも飛行機を見ることも可能。ほかのデッキが空いていない時間はこちらで写真撮影をする方も多いようです。

開場時間
展望デッキ(5F) 24時間

江戸時代にタイムスリップ⁉「江戸小路」

羽田空港

第3ターミナル内には、江戸の街並みを再現した「江戸小路」と呼ばれるショッピング街があります。ここでは人気スイーツや伝統工芸などのお土産もが購入できます。

ここには「江戸黒」と呼ばれた黒漆喰壁で建築された建物や、お茶席のような場所があり、日本の文化と伝統を感じられるので、外国人観光客からも高い人気があります。もちろん日本人でも、江戸時代にタイムスリップしたかのような気分が味わえて楽しいでしょう。

営業時間 7:00~23:00

空港内のおすすめグルメ「赤坂うまや」

羽田空港内には多くのレストランがありますが、特におすすめなのが羽田空港第1ターミナルにある「赤坂うまや うちのたまご直売所」です。こちらでは美味しいたまご料理をあれこれ食べることができます。数あるメニューの中でもおすすめは、看板メニューの「たまごかけご飯」です。

うまや(引用元:Instagram kokokomariさん

店内メニューは全て「うちのたまご」と呼ばれる、卵殻・卵黄を五ッ星級までグレードアップした「高級褐色卵」が使われており、極上のたまごの味を舌で感じることができます。たまごかけご飯専用の醤油と一緒に食べるのがおすすめです。お値段は550円とお財布にも優しいのも嬉しいですね。ほかにも、たまご丼や親子丼などが食べられるので、羽田空港に行った際はぜひ足を運んでみてください。

◎赤坂うまや うちのたまご直売所の基本情報

営業時間 7:00~21:00 (年中無休)
席数 11席 (全席カウンター)
個室 なし
場所 羽田空港第1ビル駅 B1F
電話番号 03-5756-7766
HP 赤坂うまや うちのたまご直売所の詳細はこちら

羽田空港の営業時間とアクセス方法

羽田空港はターミナルによって営業時間が異なるので注意してください。

営業時間 第1・2ターミナル 5時~24時 

第3ターミナル 24時間

住所 第1ターミナル 東京都大田区羽田空港3丁目3

第2ターミナル 東京都大田区羽田空港3丁目4

第3ターミナル 東京都大田区羽田空港2丁目6−5

電話番号 第1・2ターミナル 03-5757-8111

第3ターミナル 03-6428-0888

※2020年に「羽田空港国際線ターミナル」から

「羽田空港第3ターミナル」に名称変更しています

HP 羽田空港の詳細はこちら

羽田空港は都心から少し離れた場所にあるので行き方に悩む人も多いのではないでしょうか。[電車・バス・車]のそれぞれの所要時間と運賃も合わせて参考にしてみてください。

所要時間 平均運賃 メリット デメリット
電車(※新宿駅から) 60分 750円 運賃が安い 移動が大変。時間帯によっては混む。
バス 90分 1400円 荷物が多くても安心。移動が楽。 乗車場所、時間にある程度制約がある。
車(新宿ICから・普通車) 30分 2320円 荷物が多くても安心。移動が楽。 運賃が高い。別途駐車場代、ガソリン代がかかる。

※都内から羽田空港第3ターミナル駅までの所要時間、平均運賃
※バスは発車オーライネットから予約できる路線から算出。出発地は町田・石神井から。

羽田に行くなら空港内も楽しもう!

飛行機

当記事では羽田空港のおすすめスポットを4つご紹介しました。これから羽田空港を利用する予定がある人や、この記事を見て空港観光をしてみたいと思った人は、ぜひ紹介したスポットを訪ねてみてください。

また荷物が多くなる旅行の際は、高速バスの利用が便利です。各地から羽田空港行のバスが出ていますので、近くにお住まいの方は利用も検討してみてください。

羽田空港行き高速バス一覧

石神井公園・和光市駅発

所沢駅・東所沢駅発

本川越・川越駅発

大宮駅発

箱根・御殿場発

津田沼駅発

宇都宮駅・鹿沼駅発

前橋・高崎発

仙台駅発

 

高速バス予約なら発車オ~ライネット
※本記事に掲載されている情報は、記事作成時点の情報となります。
最新の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。
※バス車両撮影時には、十分に配慮して撮影を行っております。

関連記事

最新記事

予約