【名古屋旅行】まだ知られてない!穴場観光スポット特集

今回は、まだあまり知られていない名古屋の穴場スポットを紹介します。「前に名古屋の定番スポットは行ってしまったので新しいところに行きたい!」「みんなが行かない隠れ名所に行ってみたい!」という人におすすめです!定番ではなく穴場を開拓して、流行の最先端を狙いに行きましょう!

名古屋って?

名古屋市は東海地方で最も栄えた都市と言われており、東海地方や中部地方の経済や文化の中枢と喩えられることが多くあります。地理的には、東京と大阪の中間に位置しているので東日本方面にもと西日本方面にもアクセスが良いことも特徴の一つです。また、鉄道や新幹線などの陸路だけでなく、海路、空路も兼ね揃えており、多種多様な交通網が張り巡らされているので、まさに「アクセス抜群」だと言えますね!

東京から名古屋へのアクセス

公共交通機関を使った東京駅から名古屋駅へのアクセス方法としては、飛行機、新幹線、特急電車、高速バスの4つが主流となるので、ここで比較してみましょう!

 交通手段

利用駅

所要時間

料金

Wi-Fi

特徴

飛行機

東京駅→品川駅→羽田空港→中部国際空港→名古屋駅

約3時間

¥11280~

・乗り換え時間がかかる

新幹線

東京駅→名古屋駅

約1時間半

¥10560~

・乗り換えなし

特急電車

東京駅→沼津駅→浜松駅→→豊橋駅→名古屋駅

約6時間

¥6310~

×

・乗り換え多め

高速バス (東名特急ニュースター号)

東京駅→名古屋駅

約7時間

¥2500~

(全車両完備)

・乗り換えなし

それぞれ時間や運賃に細かいバラツキはありますが、おおよそ上記のような値になります。それぞれにメリットデメリットがあるので使い分ける必要がありますが、私は新幹線と高速バスをお勧めします!新幹線の移動は運賃は高くなってしまいますが、乗り換えもなく短い時間で移動することができるので、移動に時間をかけずに長時間名古屋に滞在したい人にお勧めです。一方高速バスは、移動時間は長くかかってしまいますが、かなり費用を抑えることができるので、リーズナブルに抑えたい人や夜中のうちに移動することに抵抗がない方にはおすすめです!もし、高速バスに興味を持った方は「発車オ〜ライネット」から簡単に予約できるので、調べてみてください!これらも参考にしつつ、ご自身の希望にあった交通手段を選んでみてくださいね!

名古屋市内の交通機関

名古屋市は「アクセス抜群」と上で表現しましたが、様々な交通機関が整備されているのでここで紹介しようと思います!主な公共交通機関としては、観光ルートバスのメーグル、鉄道、地下鉄、市内バス、観光タクシーがあります。

特に、メーグルは観光用のバスなので、定番の観光スポットに簡単にアクセスすることができます!しかし、定番スポットではなく穴場を狙いに行く方は地元の方と同じように市内バスや地下鉄、鉄道などのローカルな交通手段を利用することが多いと思います。そこで、大人870円で販売される地下鉄やバス専用の一日乗車券をおすすめします。バスのみの一日乗車券や地下鉄のみの一日乗車券もそれぞれ620円と760円で販売されているので合わせて検討してみてください!

名古屋周辺の穴場スポットを紹介!

ここからは本題の名古屋周辺の穴場スポット4選の紹介をしていきます!名古屋市以外のものも含まれていますが、どれも名古屋駅から片道1時間ほどで行けるものなので気軽に行くことができます!今回は名古屋の定番である歴史的な建物や博物館ではなく、体を動かして楽しむことができるレジャー施設やフォトジェニックな施設にフォーカスして紹介していきます!

レゴランド・ジャパン・リゾート

(画像引用元:LEGOLAND JAPAN公式HP https://www.legoland.jp/ 

名前の通り、あの有名なおもちゃのレゴブロックの屋外テーマパークが2017年に名古屋で開園しました。「レゴランド・ジャパン・リゾート」は3つの施設の総称で、テーマパークの「レゴランド・ジャパン」、体験型の水族館の「シーライフ名古屋」、宿泊施設の「レゴランド・ジャパン・ホテル」の3つを指します。元々は子供をターゲットとして作られた施設ですが、もちろん大人だけでも入場することができ、レゴランド・ジャパン内のアトラクションや水族館は大人でも十分楽しむことができます!また、カラフルなレゴブロックの世界観はとても非日常的でフォトジェニックなので、たくさんのインスタ映えな写真撮れること間違いなしです!更にレゴランド・ジャパン・ホテルに宿泊すればレゴブロックの世界観のなかで丸一日過ごすこともできちゃいます!子供心くすぐる旅にぜひご家族やご友人と行ってみてください!

LEGOLAND JAPAN RESORT(レゴランド・ジャパン・リゾート)
公式サイト https://www.legoland.jp/
住所 〒455-8605 愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目2−1
アクセス 名古屋駅から30分程度
お問い合わせ先 0570-05-8605(受付時間 9:00-17:00)
営業日時 不定休、10:00-閉園時間は日によって変わる
料金

レゴランド+シーライフ セット1DAYチケット
 大人5100円〜、子供3900円〜
※子供は3歳〜12歳
※シーズン、購入日によって変わるので公式HPを参照してください

日間賀島

日間賀島は”ひまかじま”と読み、名古屋から一番近い離島で、名古屋駅から約1時間で行くことができます。アクセス方法はいくつかありますが、電車や車とフェリーを組み合わせて片道あたり2000円ほどで行くことができます!日間賀島は一周約5.5kmと小さく、歩いても2時間ほどで回ることができますが、島内には周遊のバスも通っています。写真の通りこの島はタコが有名であり、街の至る所でタコのイラストを見かけます。グルメではタコだけでなく新鮮な海鮮を味わうことができるので、ぜひ挑戦してみてください!

また、タコともう一つの日間賀島のシンボルとなるのが綺麗な海です。島の東側にあるサンライズビーチでは沖縄のような綺麗なビーチと離島の静けさを楽しむことができます。そして、「ハイジのブランコ」という名のブランコがあり、海に向かって漕いでいる写真は空と海の相性がバッチリで、これもまたインスタ映え間違いなしです!西側のサンセットビーチは東側よりも賑やかで、夏にはイルカウォッチングという期間限定のイベントが開催されており、目の前でイルカを見ることができます!このように、小さな島であまり有名にはなっていませんが、楽しい要素がたくさん詰まっているので、イチオシの穴場スポットです!

日間賀島
公式サイト https://www.himaka.net/(日間賀島観光協会公式サイト)
住所 〒443-0043 愛知県蒲郡市元町1-3 蒲郡駅改札口前 ナビテラス内
アクセス 名古屋駅から1時間〜1時間半

竹島

竹島も日間賀島と同様に愛知県にある小さな離島ですが、日間賀島とは違って橋を渡って上陸することができるのでフェリーには乗らずに行くことができます。竹島は本土から400メートル程しか離れていないのに島の植物体系が大きく異なり、島全体が国の天然記念物に指定されているんです!加えて、「縁結びの島」とも呼ばれ、島の中央にある八百富神社は日本七大弁財天の一つにもなっています。島の中には5つの神社があるので八百富神社だけでなく神社巡りをするのも楽しそうです!竹島は小さな島なので岩場を辿ると30分ほどで一周することができます。岩場を辿ったりと目の前に壮大な自然を感じることができるので、心を癒したい人におすすめです!

竹島(蒲郡市)
公式サイト https://www.gamagori.jp/(蒲郡市観光協会公式サイト)
住所 〒443-0043 愛知県蒲郡市元町1-3 蒲郡駅改札口前 ナビテラス内
アクセス 名古屋駅から1時間
お問い合わせ TEL.0533-68-2526

 

竹島水族館
公式サイト https://www.city.gamagori.lg.jp/site/takesui/
住所 〒443-0031 愛知県蒲郡市竹島町1-6
アクセス 竹島から5分
お問い合わせ 0533-68-2059(受付時間 9:00-17:00)
営業日時 火曜定休日、9:00-17:00(チケット販売、入館は16:30まで)
料金 大人500円 小・中学生200円

また、竹島周辺地区には竹島の他に穴場スポットがあります。その一つが「竹島水族館」なのですが、こちらは日本で4番目に小さい水族館で、ショボいけど楽しいという風変わりな水族館です。目立つ魚もいないのですぐ見終わってしまうのですが、入場料が500円とリーズナブルで、最近入場者数が順調に伸びているそうです。他にも、深海生物の展示数が日本一であったり、カピバラのゆる〜いショーがあったりと様々な点で他の水族館とは違った楽しみ方ができるのが魅力です!

(画像引用元:https://www.instagram.com/p/BtkQ9GHgnve/?utm_medium=copy_link boling7097さん

(画像引用元:https://www.instagram.com/p/B82w3yngtsE/?utm_medium=copy_link isnivy_lb6sさん

(画像引用元:https://www.instagram.com/p/BtkQ9GHgnve/?utm_medium=copy_link boling7097さん)

竹島周辺の穴場スポットの二つ目が、「竹島ファンタジー館です!竹島ファンタジー館は貝とLEDで創られた展示物が一面に飾られたテーマパークです。前半は写真のような幻想的な空間で後半には展示室で博物館のような厳かな雰囲気で鑑賞することができるというギャップを持っています。ぜひ竹島観光と合わせて訪ねてみてくださいね!

竹島ファンタジー館
公式サイト http://www.fantasykan.jp/
住所 〒443-0031 愛知県蒲郡市竹島町28−14
アクセス 竹島から5分
お問い合わせ 0533-66-3888(受付時間 9:00-17:00)
営業日時 水曜定休日、9:00-17:00
料金 大人1000円 子供500円

さなげアドベンチャーフィールド

(画像引用元:https://www.instagram.com/p/CF9uticg7Xk/?utm_medium=copy_link hir0aki_tさん

(画像引用元:https://www.instagram.com/p/BggOHbKDAcD/?utm_medium=share_sheet lc44skさん

さなげアドベンチャーフィールドは、車に乗ったり運転したりして四輪駆動車の魅力を存分に楽しめる総合アウトドア施設です。実際にオフロード走行体験ができ、準備された日本トップクラスのテクニカルなコースを走ることができます。この利用方法は大きく3つあり、自分の車を持ち込んで自車で走行する方法、レンタル車で走行する方法、インストラクターに運転してもらい遊覧する方法があります。レンタル車走行では最新のトヨタのSUVやミニバンをレンタルして運転することができるそうです!スキルに応じて3つのコースから選ぶことができますが、中には大きな水たまりに入るコースや崖のようなゴツゴツした坂を登るコースもあるようで、スリル満点です!また、さなげアドベンチャーフィールドには、四輪駆動車のコースだけでなく、四輪駆動車の研修施設、バーベキュー場やデイキャンプ場、アスレチックなど様々なアウトドアの施設があるので、飽きることなく一日中楽しむことができます!

さなげアドベンチャーフィールド
公式サイト https://lc-saf.co.jp/
住所 〒470-0374 愛知県豊田市伊保町向山16番地1
アクセス 名古屋駅から1時間〜1時間半
お問い合わせ 0565-46-5551
営業日時 木曜定休日、9:00-17:00(レンタル、遊覧は16:00まで)

おわりに

今回は現役大学生の視点から楽しそうな名古屋周辺の穴場スポットを特集しました。いかがでしたか?名古屋市外で、名古屋駅から少し離れたものもありましたが、どれも名古屋周辺でしかできない体験なのでぜひ行ってみてくださいね!

関連記事

最新記事

予約