【四万温泉】千と千尋の舞台!?インスタ映え旅行!

レトロな街並みやあのジブリ映画の舞台となった宿、コバルトブルーな湖など、温泉以外にもフォトジェニックな観光地が数多く存在する四万温泉。都内からのアクセスも良く、気軽に行ける旅行先としても人気です。ぜひ、四万温泉旅行の参考にしてみて下さいね。

四万温泉って?

群馬県は草津温泉や伊香保温泉など温泉が多いことで有名ですよね!四万温泉もその一つで、草津温泉にと同じエリアの群馬県吾妻郡にあり、都内からのアクセスもバッチリです。都内からのアクセス方法としては、新幹線や電車などの列車とバスを組み合わせる方法や高速バスなどがありますが、私は高速バスでの移動をおすすめします!以下の図からわかるように高速バスの移動はもっとも安い値段で、かつ乗り換えることなく移動することができるので楽です。また、高速バスは片道あたりの値段を載せましたが、往復で買うとより値段を抑えることができるので、そこもおすすめポイントです!

交通手段 所要時間 運賃 特徴
新幹線+電車+バス 約3時間 ¥6100 早い、高い
特急列車+バス 約3時間30分 ¥4950  普通、普通
電車+バス 約4時間 ¥3950 遅い、安い
高速バス(東雲車庫・東京八重洲通りー四万温泉) 約3時間30分 ¥3150 普通、安い

また、四万温泉の四万は”しま”と読み、四万の湯が『四万(よんまん)の病を癒す霊泉』であるという由来があるようです。そして、四万温泉エリアは温泉だけでなく、自然が豊かで、四季を感じることもできます!これから四万温泉周辺の魅力を盛りだくさんでお伝えしたいと思います!

温泉だけじゃない?!四万温泉周辺のインスタ映えスポットを紹介!

四万温泉周辺は美しい建物やレトロな街並み、壮大な自然などフォトジェニックなポイントがたくさんあり、Instagramで#四万温泉と検索すると約8万件のインスタ映えな写真がヒットします。今回は四万温泉周辺のインスタ映えスポットを温泉、歴史ある建物、自然の三つの魅力から紹介していこうと思います!

まずは四万温泉に入ってみよう!

四万温泉には大きく共同浴場、足湯、飲泉の3種類の温泉があります。共同浴場は一般的な温泉のことで、四万温泉には無料の共同浴場が3ヶ所あり、予約なしでも入浴することができます。足湯も3ヶ所あり、自由に入ることができるので、移動で疲れた体を癒すのに最適ですね!飲泉というのは、その名の通り温泉の湯を飲むことで、胃腸などへの効果が見込まれるそうです。四万温泉には2ヶ所の飲泉所がありますが、塩之湯飲泉所の湯は少ししょっぱい味がするらしく、地元の人は料理に使ったりもするそうです!両方回って飲み比べてみるのも楽しいかもしれません!

千と千尋の神隠しの舞台?四万温泉「積善館」

積善館は300年以上前に建てられた温泉旅館で、本館は現存する日本最古の木造湯宿建築とされています。さらに、ここは「千と千尋の神隠し」のモデルとなった旅館とも言われており、真っ赤な橋や本館の格子の窓が映画のワンシーンを想い起こさせます!立派なのは外観だけでなく、素敵な客室や温泉もあるので、もちろん、実際にこの旅館に泊まることも、日帰りで温泉に入ることもできますよ!特に、積善館にある元禄の湯は国の登録有形文化財に指定されており、温泉では珍しい洋風でモダンな作りになっています。積善館では日帰り入浴のプランが用意されており、事前の予約なしで入浴と食事処での休憩を楽しむことができますよ。

日帰り入浴 + 食事処「積善や」休憩 セットプラン
受付時間 11:00-16:00 (17:00まで入浴可)
料金 大人 1200円

子供 800円 ※3~11歳まで。2歳以下は無料

バスタオル(レンタル) 500円

フェイスタオル(販売) 350円

休憩所営業時間 11:00-17:00

 

四万温泉 積善館
公式サイト https://www.sekizenkan.co.jp/
住所 〒377-0601 群馬県吾妻郡中之条町四万温泉
お問い合わせ先 0279-64-2101 (受付時間 9:00-19:00)

昭和レトロな温泉街へ

四万温泉には昭和の面影が残る温泉街があり、食べ歩きをしたり観光したりできます。中でもオススメなのが積善館の近くにある「落合通り」で、レトロな街並みが強く残っており、昭和にタイムスリップしたような写真を撮ることができますよ!上の写真に写っているパチンコ、スマートボールの看板があるのは、四万温泉唯一の遊技場である柳家遊技場で、懐かしのスマートボールで遊ぶことができます。1回500円50玉で手軽に遊ぶことができ、未経験でも楽しむことができるのでぜひ行ってみてくださいね!

露天風呂付き!グランピングに宿泊

最近流行りのグランピングはもう行きましたか?グランピングとは英語で魅力的を意味するglamorousとキャンプを意味するcampingを組み合わせた造語で、従来のキャンプとは違って施設や食事が準備されており、手軽に楽しめる新しいアウトドアとして注目されています。多くの若者に支持されているのは、その手軽さに加えて、おしゃれでフォトジェニックなグランピング施設で贅沢な非日常を味わえるからなんです!実は四万温泉周辺にも「温泉グランピング シマブルー」というおしゃれなグランピング施設があります。名前の通りただのグランピングではなく、日本初の温泉付きグランピングで、専用の露天風呂を持っており、四万温泉の湯を楽しむことができます。どの客室も内観外観ともに素敵で、テラスや露天風呂で自然を感じることもできるので、ホテルステイとは違った贅沢をすることができますよ!

ONSEN GLAMPING SHIMA BLUE
公式サイト https://shimablue.jp/
住所 〒377-0601 群馬県吾妻郡中之条町四万4355-9

 四万温泉最終バス停から徒歩10分(無料送迎あり)

お問い合わせ先 0279-64-2155 ※要予約

四万の自然を感じよう!

四万温泉周辺にはたくさんの自然があり、どの季節に行っても自然を楽しむことができます。今回は奥四万湖、四万の甌穴、桃太郎の滝を順に写真とともに紹介していきます。

四万温泉周辺にはたくさんの自然があり、どの季節に行っても自然を楽しむことができます。

次が四万川で多くみられる四万の甌穴(おうけつ)群と呼ばれるものです。甌穴とは、川底の岩盤にあいた穴のことで、四万の甌穴では透き通った青い池のようにも見えます。群馬県の指定天然記念物に指定されており、大小8つの甌穴を見ることができます。中には3メートル以上の深さのものもあるようなので近くに行く際には気をつけてくださいね。

最後に桃太郎の滝です。水が四万ブルーの四万川に流れ込んでおりとても美しいですね。四万温泉案内看板付近から撮るとこのように木々が映り込む写真が撮れ、とりわけ紅葉の時期などはより一層彩り豊かな写真を撮ることができますね。また、四万温泉周辺には小倉の滝、しゃくなげの滝、小泉の滝、大泉の滝などの美しい滝が多くあり滝巡りも有名です。徒歩だと距離があるので、四万温泉協会でレンタル自転車を借りて回るのも楽しいと思います!

日本屈指の透明度!四万ブルーでウォータースポーツ

日本屈指の透明度を持つ四万湖や奥四万湖ではウォータースポーツのアクティビティツアーが多くあります。四万湖では、スタンドアップパドルやカヌー、キャニオニングのツアーがあり、奥四万湖ではカヌーやキャニオニング、持ち込みでのカヤックなどができます。ツアーなのでプロの指導のもとで楽しむことができる上、オプションでツアー写真を撮ってもらうことなどもできます。美しい自然の中で楽しんでいる写真が撮れること間違いなしなので、ぜひ参加してみてください!

 

おわりに

この記事では四万温泉周辺のインスタ映えスポットを紹介しました。いかがだったでしょうか。四万温泉周辺は歴史の深いエリアであると同時に最先端の流行を楽しむこともできます。そして、自然も多くあるので、都会の喧騒を離れて落ち着きたい人に特におすすめしたいです!どの季節に行ってもフォトジェニックな写真が撮れること間違い無しなので、インスタ映えを狙ってぜひ行ってみてくださいね!

関連記事

最新記事

予約