スキーだけじゃない!苗場プリンスホテルのおすすめスポット

苗場プリンスホテル

「苗場」と聞くと、スキーのイメージが強いですよね?ですがなかには「あまりスキーが得意ではない」「スキーに飽きてしまった」という方もいると思います。苗場スキー場に隣接している老舗ホテル「苗場プリンスホテル」では美味しい食事を味わえたり、楽しいアクティビティができたりと、スキー以外の楽しみ方もできるんです。今回は苗場プリンスホテルのおすすめスポットをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

苗場プリンスホテルのおすすめスポット

苗場プリンスホテルは新潟県南魚沼郡にあり、2022年に開業60周年を迎える伝統的なホテルです。新潟県内屈指の雪質を誇る苗場スキー場のゲレンデに直結していて、ウィンターシーズンにはスキーを楽しむ方が多く来場します。スキーが楽しいのはもちろんですが、スキー以外に苗場プリンスホテルではどんな楽しみ方ができるのか、おすすめスポットを5つご紹介します。

スキーを見ながら料理を味わえる「レストラン アゼリア」

レストラン アゼリアの座席一日を満喫するうえで忘れてはいけないのが、腹ごしらえです。まずはレストランからご紹介します。苗場プリンスホテル内にはいくつかレストランがありますが、なかでもおすすめなのが「レストラン アゼリア」。朝食、ランチ、ディナーとすべての時間帯に対応(途中に休業時間あり)していて、広い店内でゆったりできるのもうれしいポイントです。

レストラン アゼリアの食券機

お店に入ったら、好きなメニューを決めて、食券機で食券を購入。

感染予防の手袋

手袋を着用して、お盆を持って並びます。コロナ感染対策もバッチリです。

レストラン アゼリアのカウンター

食券を渡すと、目の前でスタッフが調理してくれます。出来立てで料理が提供されるんです!

黒毛和牛の焼きしゃぶ丼

今回は、黒毛和牛の焼きしゃぶ丼を注文。ミニけんちん汁付きなのもうれしいですね。焼きしゃぶは、甘さとしょっぱさのバランスが絶妙でクセになる味でした。

窓からはスキー場が見えるので、スキーを見ながら料理を楽しめます。ランチメニューは「フォアグラと合鴨のコラボ丼」「焼きカレー丼」「米粉を使った天丼」など気になるものばかり。どれも美味しそうです。

◎レストラン アゼリアの基本情報

営業時間 7:00~10:00(ラストオーダー9:30)

11:30~14:30(ラストオーダー2:00)

17:30~20:30(ラストオーダー20:00)

住所 ​​新潟県南魚沼郡湯沢町三国202 苗場プリンスホテル3号館レストランF
公式サイト ​​レストラン アゼリアの詳細はこちら

手ぶらでOK!仲間と気軽に楽しめる「卓球」

スキーにはちょっと飽きてしまったけど、体を動かしたい…。そんな時に打ってつけなのが卓球です。苗場プリンスホテルでは、なんと卓球もできちゃうんです!

6号館の2階に上がると、部屋がずらーっと並んでいます。普通のホテルの一室に見えますが、よく見ると…。

卓球場

「卓球」の文字が。中に入ってみると…。

卓球台

完全に卓球場!家族や友人と、勝負するのも楽しそうですね。1時間単位で借りられるので、気軽に卓球を楽しめます。

卓球ラケットとボール

もちろんラケットやボールも常備されているので、手ぶらでOKです!

◎卓球(6号館2階)の基本情報

営業時間 13:00〜 21:00(最終受付20:00)
住所 新潟県南魚沼郡湯沢町三国202 苗場プリンスホテル​​6号館2F
公式サイト ​​卓球についての詳細はこちら

露天風呂がイチ押しの「火打の湯」

お腹を満たして、体を動かした後は、汗を流したくなりませんか?

苗場プリンスホテルには、日帰りでも入れる温泉があります。その名も「火打の湯」。

内風呂

体を洗った後、まずは内風呂で疲れた体を癒します。

露天風呂

そして、外へ。露天風呂は中性低張性の天然温泉。冬は雪景色を眺めながら、体を温めます。極楽、極楽。

◎火打の湯の基本情報

営業時間 14:00 〜 23:00
住所 ​​新潟県南魚沼郡湯沢町三国202 苗場プリンスホテル ​​日帰りスキーセンターN-pleteau内
公式サイト ​​火打の湯の詳細はこちら

ワッフルでエネルギー補給!「M’s カフェ」

M'sカフェ

小腹が空いた時に、訪れたいのが「M’sカフェ」。挽き立てホットコーヒーや抹茶ラテ、本場タイの茶葉を使用したタイミルクティーラテなど飲み物も美味しそうですが、売りはパンケーキワッフルなのだそう。

いちごスペシャル

こちらが「いちごスペシャル」。たっぷりの生クリームに練乳といちごのコンボ。合わないはずがありませんよね。柔らかい生地でできたワッフルは、なんと新潟産の米粉を使用しているそうです。

他にも「キャラメルバナナホイップ」「いちごマスカルポーネチーズ」「チョコポップバブル」など贅沢なメニューが並びます。スキーや卓球などで疲れた体に、甘いものをチャージしましょう。

◎M’s カフェの基本情報

営業時間 平日12:00~18:00

土日祝11:00〜18:00

住所 ​​新潟県南魚沼郡湯沢町三国202 苗場プリンスホテル 日帰りスキーセンター シュネー 1F 
公式サイト ​​M’sカフェの詳細はこちら

新潟の特産品が買える!「おみやげ売店」

おみやげ売店

最後に紹介するのが、おみやげ売店です。たっぷりと遊び尽くした後は、お土産を買って帰りたいですよね。おみやげが買える売店は3号館と6号館、そして日帰りスキーセンター シュネー内にもあります。

写真は6号館の売店です。

新潟の地酒や新潟限定のささだんごなど、苗場オリジナル商品や新潟特産品などを買うことができます。

◎おみやげ売店の基本情報

営業時間 8:00 〜 21:00
住所 新潟県南魚沼郡湯沢町三国202 苗場プリンスホテル​​6号館1F
公式サイト ​​6号館売店の詳細はこちら

苗場プリンスホテルへは、高速バスでのアクセスが便利!

魅力がたくさん詰まっている苗場プリンスホテル。首都圏から行くにはどうすればよいのでしょうか?おすすめは高速バスです。

今回、私は西武観光バスの「池袋ー苗場PH」便を利用しました。

バス乗り場

バス乗り場は、「池袋東口」から徒歩約1分。その他、「下落合駅」や「練馬区役所前」などからも乗車可能です。朝7時45分に池袋を出発し、11時7分には苗場プリンスホテルの目の前に到着します。帰りは15時 苗場プリンスホテル発、18時35分 池袋駅東口着です。

バス

西武観光バスなので、ライオンズ仕様の車体です。一度見たら忘れないので、サービスエリアの休憩時に「戻るバスが分からない」なんてこともありません。

バス車内

車内の様子はこちら。4列シートです。予約時に座席を指定することができます。車内ではWi-Fiの利用も可能なので、バスの旅も退屈しません。

化粧室

座席の最後方には、トイレも付いています。安心してバスに乗れますね。

苗場プリンスホテルを味わい尽くそう!

苗場プリンスホテルは迷うほど広く、様々な魅力が詰まっています。泊まるもよし、日帰りもよし、スキーをするのもよし、スキー以外の楽しみ方をするのもよし。今回の記事を参考に、あなただけの味わい方をぜひ見つけてきてください。

「池袋-苗場PH」の詳細はこちら

苗場プリンスホテルは、発車オーライネットから予約が可能です。どうぞご活用ください。

【池袋-苗場PH】バスの詳細はこちら

 

高速バス予約なら「発車オ~ライネット」

※本記事に掲載されている情報は、記事作成時点の情報となります。
最新の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。
※バス車両撮影時には、十分に配慮して撮影を行っております。

関連記事

最新記事

予約