【関東 紅葉狩り】関東で絶対行くべき紅葉狩りスポット5選!

暑い夏も終わり、秋のシーズンがやってきました。秋といえば紅葉。自然が織りなす紅色の絶景に、誰もが心を奪われた経験があると思います。今回は、関東の定番紅葉スポットに加え、雑誌にもあまり特集されていない穴場スポットを紹介いたします!
すべて都内から日帰りで行くことができるので、気分転換に行くのも良し、友人や家族と小旅行をするのもおすすめです。
美しい紅葉を眺めて、思う存分リフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

また、アクセスや見所、周辺情報なども徹底解説していくのでぜひチェックしてみて下さい!

関東近郊の紅葉スポット!見所、定番スポットも解説!

国営昭和記念公園

東京・立川の大人気紅葉スポットといえばここです。色とりどりの花々が園内の随所に植えられていたり、アクティビティスポットも豊富で年中楽しむことができる公園です。

また、毎年11上旬から下旬にかけて「黄葉紅葉まつり」が開催され、多くの人で賑わいます。さらに、夕方からは「秋の夜散歩」と題して、園内が一部ライトアップされるので幻想的な紅葉を楽しむことができるというから驚きです。

そんな国営昭和記念公園の見所スポットは大きく分けて2つあります!

 

①「イチョウ並木」

(画像引用元:https://www.instagram.com/p/B58z3leAQXj/?utm_medium=copy_link aracchi01さん)

 

まずはこちらの「イチョウ並木」。こちらは公園の立川口を入ってすぐにあります。

全長20メートルのイチョウが300メートルにわたって植えられており、まるで黄金色に輝くトンネルのようになっています。木々から舞い落ちる葉が足元を彩り、まるで黄色の絨毯の上を歩いているような感覚になります。

イチョウ並木が色づくのは11月上旬。特に「黄葉紅葉祭り」の期間中はとても混むので、混雑が避けられる祭りの前に行くのもおすすめですよ。

 

②「日本庭園」

(画像引用元:https://www.instagram.com/p/B4-BCcCAwcP/?utm_medium=copy_link kmk_t2oneさん)

 

続いて紹介するのは「日本庭園」です。こちらは公園の砂川口・玉川上水口の近くにあります。約300本のモミジ・カエデなどが植えられており、見頃の時期になると鮮やかな紅色が庭園内を彩ります。

情緒溢れる園内を散歩しながら、秋を感じてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、「イチョウ並木」と「日本庭園」は、夜間にライトアップされるので、こちらもぜひおすすめです。

国営昭和記念公園
アクセス ・JR中央線「立川駅」徒歩10分
・多摩都市モノレール「立川北駅」徒歩8分
※ 夜間(16:30~21:00)の入退園は『西立川口』限定。
公式サイト https://www.showakinen-koen.jp/

 

井の頭恩賜公園

東京・吉祥寺といえば「住みたい町ランキング」で常に上位で、グルメや古着、昭和の雰囲気を感じることができるハーモニカ横丁など様々な顔を持つ、老若男女問わず人気のエリアです。そんな吉祥寺のシンボルといえば「井の頭恩賜公園」です。

(画像引用元:https://www.instagram.com/p/CUFL5fulpJ8/?utm_medium=copy_link hy.photo.gramさん)

井の頭恩賜公園は吉祥寺駅南口から徒歩5分の場所にあります。園内はイロハモミジ、サクラ・イチョウ・ケヤキなどが植えられており、園内の「井の頭池」の水面に映し出される「逆さ紅葉」を楽しむことができます。

特に、園内の北と南を結ぶ橋の上から見る紅葉はとても美しいです。この橋は夜にはライトアップされているので、ロマンチックな雰囲気の中で景色を楽しむこともできます。

また、園内には「井の頭弁財天」と呼ばれる神社があります。ここは勝利祈願のパワースポットとして有名な場所で、吉祥寺を代表する観光スポットの1つです。

試験前や大会前など、大事な勝負事の前に祈願をしてみるのがオススメですよ。

井の頭恩賜公園
アクセス ・JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺」下車 徒歩5分
・京王井の頭線「井の頭公園」下車 徒歩1分
※駐車場は有料。
公式サイト https://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/jimusho/seibuk/inokashira/index.html

 

長瀞

埼玉県・秩父に位置する長瀞町。川下りやかき氷などで有名で、夏には多くの人がにぎわう地として有名です。

そんな夏の定番人気スポットの長瀞ですが、なんと秋には、夏とはまた一味違った楽しみ方が出来ますよ!

なんといっても一番の見所は、川下りをしながら紅葉が見れるところです!!

(画像引用元:https://www.instagram.com/p/CVPVk3JJFRX/?utm_medium=copy_link _it_is_tree_さん)

川下りができるエリアである長瀞渓谷は、国の名勝・天然記念物に指定されているほど美しい場所で、一級河川の荒川が流れています。川沿いにはモミジやクヌギなどが植えられており、川の上から間近に紅葉を楽しむことができます。時にはダイナミックに川を下り、流れが緩やかな場所では四方八方に色づく鮮やかな木々を観賞したりと、アクティビティとしても楽しむことができます。

また長瀞駅周辺では人気のB級グルメである「豚味噌カツ丼」や、荒川で採れたばかりの「鮎の塩焼き」を食べることができます!

川下りをしたあとは、ぜひこちらも食べてみて下さい!

長瀞
アクセス 秩父鉄道長瀞駅から徒歩で1分
公式サイト https://www.nagatoro.gr.jp/

 

那須高原

栃木県・那須の観光スポットとして有名な那須高原は、紅葉の見頃が10月上旬からと、関東近郊では最も紅葉の時期が早いとされています。紅葉の期間になると山頂から麓にかけて一面に紅色に染まる様子はまさに圧巻の景色です。

(画像引用元:https://www.instagram.com/p/CGq5YwED1Cr/?utm_medium=copy_link eternal_pineさん)

そんな那須高原のオススメスポットは「那須ロープウェイ」です。那須連山の中央に位置する「茶臼岳」の9合目の山頂駅をつなぐ那須ロープウェイですが、ここから見ることができる景色が「本当に美しい」と評判です。

ロープウェイからは、那須や関東平野に咲き誇る、モミジ・ナナカマド・ドウダンツツジなどの紅葉を見ることができ、高低差293mを登る5分間にわたっての壮大な空中散歩を楽しむことができます。

また、山頂駅からおよそ40分、トレッキングで行くことができる「ひょうたん池」も紅葉名所の1つであり、天気が良ければ池に映る紅葉の「逆さ茶臼岳」を見ることができるのでこちらもオススメです。

那須高原
アクセス ・新幹線「なすの」東京-那須塩原間…75分
・新幹線「やまびこ」仙台-那須塩原間…75分
・在来線【黒磯駅】下車
公式サイト https://www.nasukogen.org/access/

 

那須ロープウェイ
アクセス ・バスで60分(東北新幹線 那須塩原駅から東野交通バス「那須ロープウェイ」行きで約60分。終点「那須ロープウェイ」下車。)
・バスで75分(JR黒磯駅から東野交通バス「那須ロープウェイ」行きで約75分。終点「那須ロープウェイ」下車。)
・車(東北自動車道 那須ICから那須街道経由で約20km)
公式サイト https://www.nasu-ropeway.jp/

袋田の滝

茨城県・大子町に位置する「袋田の滝」は、日本三名瀑のひとつに数えられており、高さ120m・幅73mの大きさを誇ります。パワースポットとしても有名で、一年を通して観光客が賑わう場所としても知られています。

(画像引用元:https://www.instagram.com/p/CDAQWW3phC3/?utm_source=ig_web_copy_link canon_kissx7さん)

そんな袋田の滝ですが、なんといってもダイナミックな滝を眺めながらの紅葉がとても人気です。

目の前に広がる大迫力の滝の周りには、滝を囲むようにしてクヌギ・ナラ・オオモミジ・イロハカエデなどが色づいています。平安時代の詩人・西行法師は袋田の滝を訪れた際、そのあまりの美しさに「花もみち 経緯にして 山姫の 錦織出す 袋田の瀧」と詠い、その景色を賛美したそうです。

オススメの時間帯は14時ごろ。太陽の光が木々に反射してより美しい紅葉を眺めることができるそうです。

日没から20:00ごろまではライトアップがされており、夜に浮かぶ滝と紅葉の神秘的な眺めを楽しむことができます。

(画像引用元:https://www.instagram.com/p/BqDthtaFWa8/?utm_medium=copy_link t.0304さん)

また、袋田の滝の近くにはお土産店や食事が取れるお店があります。おすすめは「三六亭」というお店で、滝と紅葉を眺めながら食事を楽しむことができます。

名物のけんちん蕎麦が人気なので、袋田の滝を訪れた時はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

袋田の滝
アクセス ・JR水郡線「袋田駅」よりバス約10分「滝本」下車徒歩約10分
・JR水郡線「袋田駅」よりタクシー約10分
・JR水郡線「袋田駅」より徒歩約40分
・常磐自動車道「那珂IC」より約50分
・東北自動車道「宇都宮IC」より約1時間30分
公式サイト https://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page001474.html

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

関東近郊で行くことができる紅葉スポットについて紹介いたしました。

どこも日帰りで気軽に訪れることができる場所です。

紅葉に行くのが初めての人も、去年紅葉狩りに行くことができなかった人も、今年こそは思う存分自然を堪能して、心も体もリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

最新記事

予約